ウェブブラウザでよく使うショートカットキー

こんにちは。yukiです。

僕は仕事でウェブアプリケーションを構築することが多いので、自宅も職場もパソコンに複数のブラウザをインストールしています。

主に使用しているのは下記のブラウザです。

  • Internet Explorer
  • Google Chrome
  • Firefox
  • Opera

ウェブブラウザを使用しているときも、相変わらずショートカットキーを多用しているので、よく使うものをまとめてみました。

上記、4つのブラウザのみ対応状況を確認していますが、全体的に共通した操作が多いです。

★目次★

  1. 新しいタブを開く
  2. 新しいウィンドウを開く
  3. タブを閉じる
  4. 画面を再読込する
  5. 次(前)のタブへ切り替える
  6. 次(前)のページへ移動する
  7. 履歴を表示する
  8. まとめ

新しいタブを開く

Ctrlキー + Tキー

昔のウェブブラウザはタブという概念がありませんでしたが、最近は1画面で複数のタブが表示できますよね。

このショートカットキーではアクティブなウィンドウに新しいタブを表示することができます。

また、新しいウィンドウを表示したとき、アドレスバーにフォーカスが当たった状態ですので、そのままURLや検索ワードを入力することができます。

ちなみにリンクをクリックするときにCtrlを押しながらクリックすると、新しいタブで開くことができます。

僕はこのショートカットキーを多用しすぎて、よくタブが大変なことになっています(笑)

新しいウィンドウを開く

Ctrlキー + Nキー

タブを開くと同様に空白のページを新しいウィンドウで開きます。

その後の挙動については新しいタブを開くと同様です。

タブブラウジングが便利なので、こちらはあまり使用していません。

リンクをクリックするときにShiftを押しながらクリックすると、新しいウィンドウで開くことができます。

タブを閉じる

Ctrlキー + F4キー

現在アクティブなタブを閉じます。

Operaのみ挙動が少し違い、他のブラウザは最後のタブをこの操作で閉じるとウィンドウごと閉じますが、Operaの場合は最後のタブを閉じると空白のページが残ります。

後で出てくるタブの切り替えと合わせて、不要タブを閉じるのに使用しています。

画面を再読込する

F5 または Ctrlキー + Rキー

現在の画面を再読込します。

一度読み込んだ画像やプログラム等サイズが大きいファイルは、ブラウザに保存されて再利用されますが、Ctrlキー + F5キーでそれらのファイルを破棄して、ページ全体を読み込みし直します。

次(前)のタブへ切り替える

Ctrlキー + Tabキー で次のタブへ切り替え

Ctrlキー + Shiftキー + Tabキー で前のタブへ切り替え

1つのウィンドウ内で複数のタブを開いている場合、タブの切り替えをします。

Chrome、FirefoxはCtrlキー + PageUpキー or PageDownキーで同一の操作ができます。

僕はタブを大量に開く癖があるので、このショートカットキーは重宝しています。

次(前)のページへ移動する

Back spaceキーで前のページへ移動

Back spaceキー + Shiftキーで次のページへ移動

※現在、Chromeは使用不可

閲覧履歴から、前のページ、次のページへ移動します。

Chromeも以前はこのショートカットキーは使用できましたが、少し前のアップデートで使用不可となりました。

何か入力がある画面で、誤ってBack spaceキーを押してしまうことで、入力途中のものがクリアされてしまうのを防ぐため、使用不可になったそうです。

Altキー + ←キー または →キー でも同一の操作ができます。

こちらについてはChromeでも使用できます。

履歴を表示する

Ctrlキー + Hキー

ブラウザごとに表示のされ方は異なりますが、履歴ウィンドウを表示することができます。

タブを閉じているときに誤って必要なタブを閉じてしまった場合によく使います(笑)

まとめ

一部例外はありますが、全体的に共通しているショートカットキーが多いので、1つの操作を覚えてしまうと他のブラウザでも同一の操作ができるので、覚えておいて損はないと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする