ブラウザの検索ボックスを便利に使う方法

こんにちは。yukiです。

僕の仕事では、画面に表示する入力領域の表示位置や大きさで、割りと計算が必要になる場面があります。

電卓機能はあまりOSに関係なく搭載されていますが、起動するのが少し手間な場合がありますよね。

僕は仕事中Excelを起動していることが多いので、パソコンで計算をする時には、よくExcelに数式を入力して計算していましたが、意外なものが計算機代わりになることを知りました。

先日、仕事中に後輩くんと話をしていて、話の中で計算が必要になったときのことです。

後輩くんの席で話をしていたのですが、彼がおもむろに取った行動は「ウェブブラウザでGoogleの検索ボックスに数式を入力して検索する」でした。

後から調べて知ったのですが、ウェブブラウザの検索ボックスに計算式を入力すると、計算結果を表示してくれるそうです。

一言に検索ボックスといっても検索エンジンによって挙動が違いますので、比較的よく使われていると思う他の検索エンジンも調べてみました。

数式入力で計算結果を表示できる検索エンジン

  • Google

単純に計算結果だけでなく、結果の表示画面で電卓が表示されますので、続けて他の計算を行うこともできます。

また、使用可能な関数ボタンも出ていますので、簡単な関数計算もすることができます。

  • Yahoo!

入力した計算結果がのみ表示されます。

「計算について」というリンクをクリックすると使用可能な関数や記述が表示されますが、使用感としては微妙でした。

  • Bing

Googleと同様に電卓が表示されますので、続けて他の計算ができます。

ボタンの配置は若干異なりますが、関数計算もできるので、使い易いと思います。

  • goo
  • infoseek
  • excite

数式を入力しても計算結果は表示されませんでした。

以上が検索ボックスに数式を入力した場合の検索結果でしたが、実は一部の検索エンジンには、他にも便利な使い方がありますので、以下でご紹介します。

検索で単位換算をする

この機能は確認した中で使用できる検索エンジンはGoogleとYahoo!のみでした。

ちなみに僕は単位換算が必要なとき、単位換算サイトまで行ってから換算していたので、この機能を覚えたことで、ワンアクション減らすことができました。

  • Google

単位の種類と換算前、換算後の単位を選択することができるので、非常に使い易いです。

日本では使われない単位、普段の生活で使われない単位にも対応していますので、意味もなく色々な単位に換算してみました(笑)

  • Yahoo!

単位換算機能はありますが、「○○を××に」という入力が必要になるので、本当に必要な場合にしか使おうと思わないかもしれません。

こちらについても「計算について」リンクから単位換算の方法を確認することができます。

検索ボックスにカラーコードを入力して実際の色を確認する

試してみたところ、この機能があるのはGoogleだけでした。

カラーコードという言葉を聞き慣れない方もいると思いますので、簡単に解説すると色を数値化した値です。

2桁ごとに色の三原色を表していて、それぞれ赤、緑、青に対応、16進数で表記します。

例えば黒は「#000000」で白は「#ffffff」となります。

プログラミングで色の設定をするときなどに使用します。

ざっくり説明すると以上ですが、より詳しい解説が必要な方は調べてみてください。

Googleの検索ボックスこのカラーコードを入力すると、サンプルを表示してくれます。

検索後の画面ではカラーパレットが表示され、つまみを移動させることで色の微調整をさせることができます。

まとめ

検索ボックスの便利な使い方でした。

ブラウザは割りと起動していることが多いと思いますので、さっと計算したいときに覚えておくと便利だと思います。

この機能を知ったことで、僕もExcelとブラウザ2通りの計算ができるようになりました(笑)

最後に検索エンジンごとに使用可能な機能を表にしておきます。

 検索エンジン  計算 単位換算 色サンプル
Google
Yahoo! ×
Bing × ×
goo × × ×
infoseek × × ×
excite × × ×

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする