パソコンの動作を軽くする方法 ~ファイル関連~

こんにちは。yukiです。

「だんだんパソコンの動作が重くなった」という話をよく耳にしますが、パソコンは冷却のためのファンをはじめ、徐々に摩耗していくパーツが多数あります。

こういったパーツは使っていくうちに少しずつ減っていき、最終的にパソコンの動作に影響がでてきます。

例えば冷却ファンが故障してしまうと冷却性能が落ちてしまいます。

この場合、冷却が必要なパーツが効率よく冷却されないため、動作が遅くなってしまいます。

パソコン初心者の方には原因の特定は難しいですが、まずはソフトウェアでできる対策を施してみましょう。

★目次★

  1. 不要ファイルを削除してみる
  2. 断片化ファイルを最適化する
  3. レジストリをきれいにする
  4. まとめ

不要ファイルを削除してみる

不要ファイルが多いとファイルへのアクセスに時間がかかり、動作が遅くなってしまうことがありますので、不要なファイルは削除するようにしましょう。

まずは一番簡単なところで、ファイルを消すと、ごみ箱に入ります。

このごみ箱に入ったファイルは定期的に削除することをおすすめします。

ごみ箱のアイコンを右クリックして、「ごみ箱を空にする」を選択するだけです。

※ごみ箱から削除したファイルは復元できなくなりますので、ご注意ください。

次にディスクのクリーンアップです。

「コンピュータ」でディスクの一覧を表示します。

クリーンアップしたいディスクのアイコンを右クリックして「プロパティ」を表示して、「全般」タブの「ディスクのクリーンアップ」ボタンを押すと、ディスクのクリーンアップ機能が起動します。

ここでおすすめするのは「システム ファイルのクリーンアップ」ボタンを押しておくと、windowsアップデートでダウンロードした不要なファイルを削除することができます。

「削除するファイル」のチェックはわからなければ、特に変更せずに「OK」ボタンを押してしまって構わいません。

断片化ファイルを最適化する

断片化ファイルとは、1つのファイルがディスクの中で分散して書き込まれてしまい、パソコンがファイルを参照する際にあちこち見に行かなくてはならない状態になっていることです。

「ディスク デフラグ ツール」を使用すると、このような断片化してしまったファイルを整理することができます。

手順は下記の通りです。

「コンピュータ」でディスクの一覧を表示します。

表示されたディスクのアイコンを右クリックして「プロパティ」を表示して、「ツール」タブの「最適化」で「最適化する」ボタンを押すと、「ディスク デフラグ ツール」が起動します。

この「ディスク デフラグ ツール」でまずは「ディスクの分析」ボタンを押すと最適化が必要かを分析してくれます。

最適化が必要と表示された場合は、「ディスクの最適化」ボタンを押して最適化を開始します。

※パソコン自体のスペックや使用している期間によりますが、数時間かかることもあります

最適化が不要と表示された場合、最適化しても効果は薄いので、終了してしまって問題ありません。

レジストリをきれいにする

パソコン初心者の方には少々敷居が高いかもしれませんが、レジストリをきれいにすることで動作を早くすることができます。

レジストリとは、ソフトが動作するための設定などを保持しておく場所で、不要になったソフトをアンインストールしたときなどに残ってしまう場合があります。

ネット検索するとフリーソフトも多く出てきますが、「CCleaner」というソフトがシンプルなので、おすすめです。

まとめ

今回はパソコンの動作を軽くする方法で、ファイル関連の話でした。

ファイルが増えていくだけで、動作が重くなってしまうこともありますので、まずはご紹介した方法を試してみてください。

ソフトウェアでできる対策はまだありますが、また別の記事でご紹介します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする