キーボード入力の練習方法

こんにちは。yukiです。

今日は小ネタとして、キーボード入力の練習方法についてです。

僕は元々、キーボード入力が遅かったので、「入力の遅さをカバーするためにショートカットキーで時間短縮をするようにした」というエピソードがあります。

ショートカットキーにより、ある程度入力の遅さはカバーできたものの、根本的な解決にはならなかったので、入力自体の練習もしていました。

その練習とは別に毎日、仕事で10年ほどキーボードを触っているので、徐々に速く入力できるようになりましたが、キーボード入力を速くするのは、それなりに大変です。

キーボード入力練習ソフトを買ってきて、ひたすら練習するというのもひとつの手段であり、僕も昔、練習ソフトで練習をしたことがありますが、あまり身についた感じはしませんでした。

入力ソフトの場合、表示されている、ある程度決まった単語や文章を書き写すだけになりがちなので、本来自分が入力したい文章の練習にならなかったためです。

そこで、僕がおすすめしたい練習方法はチャットです。

チャットだと自分で考えながら文字入力するので、結構練習になります。

特に入力が速い人とのチャットは、全速力での入力しないといけないため、かなり練習になります。

内容は雑談で充分です(笑)

僕の場合、主な入力練習の場として、MMORPGがありました。

ゲーム内で他のプレイヤーとコミュニケーションを取るためには、基本的にチャットという選択肢しかありません。

(親しくなった方とはSkypeを使用して、音声でのやり取りもありましたが…)

オンラインゲームの場合、チャットをしながら遊ぶことになるので、チャットに時間をかけると、敵にやられてしまったり、時間切れになってしまったりするため、チャットを速くするという選択肢しかありません。

僕の場合、ゲーム自体も面白かったので、結果としてそれなりに入力速度を上げることにも繋がりました。

ちなみに始めた頃に一緒にプレイしていた人は、その時点での僕の倍くらいは入力が速く、後で話を聞いてみると、実は数秒待ってから入力しているくらいだったそうです(笑)

チャットでの練習としてはゲームだけではなく、今ではパソコン版のLineやSkypeもありますので、そういったソフトを使って、友達と連絡を取ってみるという練習も面白いかもしれませんね。

キーボードの入力速度を上げたいと思っている方は、是非試してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする