Excelのよく使うショートカットキーまとめ ~固有操作編 その2~

こんにちは。yukiです。

以前、Excelの固有操作についての記事を書きましたが、自然に使用していることが多いため、思い出さなかったショートカットキーが結構ありましたので、改めてまとめてみました。

今回のショートカットキーは、比較的地味ですが、覚えると操作性が上がります。

Excelの入力が結構楽になりますので、是非覚えてみてくださいね。

★目次★

  1. 次のブックを表示する
  2. 前のブックを表示する
  3. アクティブなブックを閉じる
  4. 現在日付を入力する
  5. 現在時刻を入力する
  6. セルの内部で改行する
  7. 1つ右のセルに移動する
  8. 1つ左のセルに移動する
  9. 1つ下のセルに移動する
  10. 1つ上のセルに移動する
  11. まとめ

次のブックを表示する

Ctrlキー + Tabキー

複数のブック(Excelファイル)を開いているとき、次のブックに切り替えをします。

Windowsのショートカットキーで、アクティブなウィンドウを切り替える Altキー + Tabキー というショートカットキーが存在しますが、このショートカットキーはExcelの内部で切り替えをします。

前のブックを表示する

Shiftキー + Ctrlキー + Tabキー

複数のブック(Excelファイル)を開いているとき、前のブックの切り替えをします。

「次のブックを表示」の操作をしていて、通り過ぎてしまったときによく使用しています(笑)

アクティブなブックを閉じる

Ctrlキー + F4キー

現在アクティブなブックを閉じます。

閉じた後は次のブックがアクティブになります。

僕は気付くとExcelの資料を大量に開いていることがよくあるので、Excelのみ終了させたいときによく使用しています(笑)

現在日付を入力する

Altキー + ;(セミコロン)キー

編集中のセルに現在日付を yyyy/m/d 形式で入力します。

入力値は下記のようになります。

  • 2016年11月16日 → 2016/11/16
  • 2016年1月23日 → 2016/1/23
  • 2016年12月3日 → 2016/12/3

ワンアクションで日付入力ができるので、覚えておくと結構便利です。

僕は資料作りなどの際によく使用しています。

現在時刻を入力する

Altキー + :(コロン)キー

日付と同様に現在時刻を h:mm 形式で入力します。

入力値は下記のようになります。

  • 1時23分 → 1:23
  • 12時3分 → 12:03
  • 18時43分 → 18:43

現在日付入力と併用して、使用することが多いです。

セルの内部で改行する

Altキー + Enterキー

セルの内部で改行します。

1つのセルに複数行記入したい場合に使用します。

あまり一般的な使い方では、1つのセルに複数行入力することは少ないかもしれませんが、僕は職業柄よく使用しています。

1つ右のセルに移動する

Tabキー

割りと一般的かもしれません。

アクティブなセルを1つ右に移動します。

セルの編集時には編集中の内容を確定しつつ、移動します。

1つ左のセルに移動する

Shiftキー + Tabキー

Tabキー単体とは対象的に、あまり使用しないかもしれません。

アクティブなセルを1つ左に移動します。

セルの編集時には編集中の内容を確定しつつ、移動します。

1つ下のセルに移動する

Enterキー

こちらも「右に移動」と同様に一般的かもしれません。

アクティブなセルを1つ下に移動します。

セルの編集時には編集中の内容を確定しつつ、移動します。

1つ上のセルに移動する

Shiftキー + Enterキー

こちらも左に移動と同様にEnterキー単体での操作とは対象的に、あまり使用しないかもしれません。

アクティブなセルを1つ上に移動します。

セルの編集時には編集中の内容を確定しつつ、移動します。

まとめ

他のショートカットキーでも同様のことが言えますが、Shiftキーを押しながらの場合、逆の動作になることが多いです。

対になるような操作がある場合、1つ覚えてしまうと逆の操作もできるようになりますので、それだけでも覚えておくとキーボードでできる操作が増えます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする