Excelのよく使うショートカットキーまとめ ~基本操作編~

こんにちは。yukiです。

仕事をしているとMicrosoft Officeで資料などを作成しますが、その中でも今回は僕が最も使用しているExcelについてです。

Excelはいわゆる表計算ソフトですが、罫線や図形の描画がし易いので、仕事では資料などにもよく使っています。

仕事ではそれなりにやることがあるので、手早く操作しないと仕事が進みません。

僕は元々、タイピングが早くないので、ショートカットキーを覚えることで、作業効率を上げることにしました。

今回はその中でも、よく使うショートカットキーを備忘録も兼ねてまとめてみました。

★目次★

  1. 範囲選択
  2. 全選択
  3. コピー
  4. 切り取り
  5. 貼り付け
  6. 保存
  7. 検索
  8. 置換
  9. まとめ

まず今回は基本操作です。

Excel以外のアプリケーションでも共通している操作をまとめました。

範囲選択

Shiftキーを押しながら矢印(アローキー) または クリック

Shiftキーを押しながら矢印を押すと、起点から移動した分だけ範囲選択されます。

範囲選択後はコピー、切り取りなどの操作が続きます。

全選択

Ctrlキー + Aキー

先頭セルから最後に編集したセルまで全てを選択します。

Excel上で、この操作ではあまり使用しないかもしれません。

コピー

Ctrlキー + Cキー

現在のセル、または範囲選択したセルを他のセルに複製します。

コピー後は貼り付けコマンドに続きます。

切り取り

Ctrlキー + Xキー

現在のセル、または範囲選択したセルを他のセルに移動します。

切り取り後は貼り付けコマンドに続きます。

貼り付け

Ctrlキー + Vキー

コピー、または切り取りしたセルを貼り付けます。

Excelでは右クリックメニューで、「形式を選択して貼り付け」というコマンドもあります。

これは、数式や書式だけ貼り付けたい場合に使用します。

例えば、ある数式を作成後、同じ数式を他のセルでも使用したい場合に便利です。

保存

Ctrlキー + Sキー

ファイルに上書き保存をします。

まだファイルに保存していない新規ブックの場合は、「名前を付けて保存」コマンドと同一の挙動になります。

検索

Ctrlキー + Fキー

シート内の検索をする検索ダイアログを表示します。

オプションで設定により、検索条件を変更できます。

条件でよく使うのはブック検索で、他のシートもまたいで検索することができます。

通常、検索オプションが非表示で出てきますが、僕はブック検索をする際に下記の順で操作して、マウス操作を減らしています。

  1. 検索条件入力
  2. Altキー + Tキー
  3. Altキー + Hキー
  4. 下矢印
  5. 「すべて検索」は Altキー + Iキー、「次を検索」はAltキー + Fキー

Altキーとコマンド毎に表示されている()内のキーを押すと、そのコマンドをマウスクリックしたのと同じ動きをします。

上記の操作は、「検索条件入力」→「オプションを表示」→「検索場所をブックに変更」→「すべて または 次を検索」という流れになります。

置換

基本的には検索と同じです。

一致した文字を別の文字に置換します。

こちらもブック単位での操作が可能です。

まとめ

Excelでよく使うショートカットキー集でした。

今回のショートカットキーは他のアプリケーションでも同様の動作をするものが多いので、覚えておいて損はないと思います。

Excel特有のショートカットキーもありますので、他の記事でまとめます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする